トラックに段ボールを運ぶ作業員

不用品の処分は良心まかせ

不用品の処分を考えると、例えば家電製品,昔は種類に関わらず買い替え時に電気屋さんに無料で持ち帰ってもらった記憶があります。しかし家電リサイクル法の施行後、数種類の処分が有料となりました。我が家では対象商品を買い替える場合は、処分料金を払い購入業者が持ち帰ります。壊れた家具,使えないインテリア用品も同様です。
買い替えをしないで処分したい場合は,細かくして自治体指定のごみ袋に入れれば無料回収ですが、原型だと自治体の粗大ごみ回収センターに持ち込み、料金を払って処分します。リサイクル法対象外の家電製品も同様で、指定ごみ袋に入れるか入らない大きさの物は回収センターでの処分になっています。不用品回収をし、再利用できる素材や金属を取り出し有効利用する現在の循環方式は、資源の有効利用という点でもよく出来ていると思います。
ただ色々と有料化が進んだせいか、不法投棄が問題になっています。特に地方では捨てる場所が多いためか、行政が監視カメラを設置したり民間が看板を立てたりするなど対策をしている所もあります。有害な物質が投棄品から流出する恐れもあり、行政や民間が不用品回収せざるをえません。
たまに不用な粗大ごみを何でも無料に回収しますというチラシを見かけます。引き取ってもらおうかなと誘惑されますが,その先が合法的に処分されるのだろうか、もし不法に投棄や処分がされたらと想像すると、やはりやめておこうと思い直す私です。

choices

不用品回収をしてもらう前に確認をしましょう

不用品が家の中にたくさんあって大変困っているという人は多いと思います。やはり不用品というのは家の中にあったら邪魔ですし、不用品の中でも…

read more

不用品を処分する時のポイント

引越しや大掃除などで出て来た不用品を処分する際に、少し気を付けるだけでお得になる事があります。自分にとっては壊れていてもういらない物で…

read more

不用品の処分は良心まかせ

不用品の処分を考えると、例えば家電製品,昔は種類に関わらず買い替え時に電気屋さんに無料で持ち帰ってもらった記憶があります。しかし家電リ…

read more

不用品回収業者に頼む前に考えたいこと

引っ越しの際に出た不用品をどう処分するかは悩みの種だと思います。手軽に不用品を処分してくれる民間の業者もたくさんありますが、そのような…

read more